「よくわかる初等力学」(東京図書)サポート掲示板

よくわかる初等力学サポートページに戻る

  • mathjaxを使って、TeX形式で数式を打てるようにしてあります。$または$$(もちろんほんとは全角じゃなく半角の「ドル」です)で囲んで入力してください。
  • spam避けに、httpを含む文章と、英字のみの文章は登録できなくしてあります。



練習問題5-2について

mやま? (2020-04-02 (木) 14:58:27)

練習問題5-2の(1)についてですが、水平方向と鉛直方向のつり合いの式より、力Fは
F=kv/cosθ 及び F=(mg-f)/sinθと2通りの方法で表せると思うのですが、前者で見るとθが大きくなるにつれ力Fも増加していきますが、後者でみると逆に減少していくとも考えられませんか?

  • fは定数じゃないから、そうはなりません。 -- 前野? 2020-04-02 (木) 15:43:50 New

p152(空気抵抗を受けながらの落下)

あかさたな? (2020-03-28 (土) 15:10:00)

p152の式(4.53) ma=-mg-kvとなってますが、-mgではなくmgですよね?
持ってるのは第6刷です。

  • これは$x$の正の向きをどっちにとってるかというのが大事です。今の場合上向きを正にしてるので下向きの重力はマイナスになります -- 前野? 2020-03-28 (土) 15:20:54

力の定義について(p80)

mやま? (2020-03-22 (日) 21:30:02)

単位力の定義として、「同じ状態なら同じ力を出すような物質を考え、その力とつり合うような逆向きの力を基準力とする」と述べられておりますが、この段階でバネAの力1とバネBの力1はつり合うという情報は含まれているのでは?

  • 現実世界の話なら、その通りです。ここでの「疑問」で考えているのは「力が釣り合うと物体は動かない(かもしれない)」という現実とは違う(静力学の法則が成り立っているかどうかわからない)世界の話です。その世界では「バネAの力=1」「バネBの力=1」と決めたからと言って、「バネAとバネBの力を逆向きに加えた」から「つりあう」とは限らないです。現実世界では静力学の法則があるのでつりあいますが。これが「定義」と「法則」の違いだ、という話をしているわけです。 -- 前野? 2020-03-22 (日) 22:00:54

  • これより古いものは以下に移動させています。

添付ファイル: filekaiten.png 41件 [詳細] filehougan2.jpg 79件 [詳細] filehougan1.jpg 73件 [詳細] fileT1T2.png 314件 [詳細] fileboat2.png 137件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-03 (金) 21:08:42 (7h)